投稿日:

錦糸町キャバクラ嬢とのアフターで幸せな時間を過ごそう

自転車に乗ろうとしている女の子

キャバクラには、同伴そしてアフターと呼ばれるサービスがある。錦糸町にあるキャバクラもまた例外ではない。同伴は、女の子の出勤前に待ち合わせをしてご飯を食べるなどして過ごすのに対し、アフターは出勤後に女の子と一緒に遊びに行くというものだ。

お店で一緒に過ごしたらアフターへ

アフターは、基本的に『来店後』の話になる。きちんとお客さんとしてお店に行ってからでないとアフターはできない。もちろん俺は、よくちなっちゃんに会いにお店に行くのでその点は問題ない。ある時、「お店が終わったらどっか行こうよ」とちなっちゃんの方からお誘いがあった。例えこれが営業でも構わない。俺は、少しでも長くちなっちゃんと過ごせるならそれでいいのだ。

とりあえず、錦糸町のバーにでも行って飲みに行くことにした。いつもきらびやかな空間にいるが、バーのようなちょっと暗くて落ち着いたところでちなっちゃんと二人きりというのもまたドキドキするものがある。

まさかのカラオケに行くことに

バーで小一時間程話していると、そろそろかなという空気が流れ始めた。すると今度は、ちなっちゃんの方から『カラオケでも行く?』とお誘いがあったのだ。急に積極的になって少しびっくりしたが、それよりも俺はちなっちゃんと一緒にいれることが嬉しくて快諾した。

ちなっちゃんは、結構ロック系の音楽も好きなようでバンドの曲なんかを元気に歌っていた。歌も上手いし楽しかった。俺はというと、無意識にか甘いラブソングのバラードばかり歌っていたように思う。ある意味、アップテンポのロックとゆったりとしたバラードでバランスは良かったのではないだろうか。次カラオケに行くまでには、ちなっちゃんの好きなバンドの曲を練習しておこう。

最終的に

そろそろカラオケも疲れてきたし、そろそろ終わりかなと思っていたら、ちなっちゃんが少し複雑な表情をした。『もうちょっと一緒にいたい……』好きな子にこんなことを言われて断れる男がこの世に存在するだろうか。

そして俺は、これはチャンスだとも思った。ここでちなっちゃんへの気持ちを抑えても仕方がない。すべてを伝えよう。俺は、ちなっちゃんに告白をした。錦糸町のカラオケから目的もなく歩く道中で。気持ちを伝えた瞬間、ちなっちゃんは今まで見たこともないくらいの笑顔で頷いてくれた。

それからの目的地は明確で、俺たちは晴れて付き合うことになったのだった。

投稿日:

錦糸町のキャバクラで出会った嬢と同伴デートを楽しんだ。

白ワンピースを着た女の子

キャバクラには、『同伴』と呼ばれるサービスがある。錦糸町のキャバクラも同じように同伴がある。同伴というのは、簡単に言えば、お客さんとキャバクラ嬢が一緒に入店することを言う。

例えば、女の子が21時出勤だとすれば、19時頃から待ち合わせしておいて、そこから一緒に食事に行くといったことが一般的だ。過ごし方は人それぞれだと思うが。

同伴でキャバクラ嬢との距離を一気に詰める

同伴をすれば、出勤時間までの間、キャバクラ嬢を独り占めすることができる。俺の場合は、もちろんちなっちゃんだ。ちなっちゃんと同伴することができる日がやってきたのだ。早めに待ち合わせをして一緒に錦糸町近くのご飯を食べに行くことになった。

もちろん同伴でご飯を食べる場合、料金はこちら持ちだ。たまに払ってくれる女の子もいるらしいが、俺はちなっちゃんの前では男でいたい。ちなっちゃんは、お肉が好きだと言っていたので、有名な鉄板焼きのお店に言った。目の前で肉を焼くパフォーマンスにちなっちゃんは、喜んでくれた。

2人だけの時間

同伴の良いところは、何と言っても二人きりで過ごせることだ。店内にいると、どうしても他の席に行ってしまうことがある。指名をしていれば、ある程度は、席についてくれるが、人気嬢ともなると独り占めというわけにもいかない。だからその点を考えると同伴は素晴らしいシステムだ。

プライベート感も味わえるし、回りから見たらカップル同然。そんな浮かれた気分で過ごすことができる。普段しないようなちょっとプライベートに入り込んだ話なんかもしやすい。ちなみにここで知ったことは、ちなっちゃんに彼氏はいないということだ。これはかなり良い情報が手に入った。願いが叶うならぜひともちなっちゃんとお付き合いしたいものだ。

2人の時間はとても楽しくあっという間に時間が過ぎていった。そして2人で錦糸町にあるキャバクラ店へと向かう。そこでも結局ちなっちゃんと話すことになるわけだが、ずっと一緒にいても飽きない。彼女にはそんな魅力があるのだ。

投稿日:

錦糸町キャバクラで女の子とのトークをエンジョイしよう

ミニワンピを着た女の子

俺は、錦糸町にあるいつものキャバクラを訪れた。そして指名するのは、やはりちなっちゃんだ。彼女以外には目もくれない。たぶんちなっちゃんも、俺が彼女に対して何かしらの好意を寄せていることは気づいているだろう。でも変に営業メールなどを送ってこないところがまたクールで好感が持てる。彼女と会っておしゃべりすることが、俺が錦糸町に訪れる理由であり、またキャバクラを好きな理由と言っても過言ではない。

口下手でもじゅうぶんに楽しめる

俺は、正直女の子と話すのが苦手だ。苦手というより何だろう。最近の女の子の『そっちが話題提供しろよ』感がすごく苦手なのだ。言葉のキャッチボールをしたいのに、こっちが投げっぱなしというか。お互いに歩み寄ってそこで初めて会話というのは成立する。片方ばかり話しかけるだけでは続かない。最近の女の子は、その点を理解していない人が多い。男性任せにしすぎなのだ。

その点キャバクラはどうだろうか。話すのが苦手な俺でも、おしゃべりが楽しいと感じる。これは、女の子がきちんとリアクションをしてくれて、なおかつボールを投げ返してくれるからだ。それも良いところに投げ返してくれる。すごくキャッチしやすく投げ返しやすいのだ。

こっちが頑張りすぎないでいいから楽

そのへんの普通の女の子と知り合ってなんとか会話を成立させようと思ったら、こっちがとにかく頑張らなければならないケースが多い。そのわりにいくら話題を振っても返事はたった一言なんてことはざらにある。そんな会話のどこに楽しさを見出せというのか。それ以上に彼女のことを知りたいという気持ちはどんどん薄れていってしまう。

しかし錦糸町のキャバクラにいるちなっちゃんは違う。言葉を発するたびに自然とお互いのことがわかってくる。笑いのツボや好きなものや趣味、仕事のこと。いろんなことがわかってくるのだ。無理をしなくても自然と会話が弾む。それも可愛くてキレイとなれば、余計楽しい。気兼ねなく楽しめることが錦糸町キャバクラの良いところだと言えるだろう。